農産情報

  1. HOME
  2. 農産情報
  3. 2020年01月

農産情報について

イズックスより毎月発行している国内・中国・諸外国の農産情報です。

国内の野菜・果物の生育状況や出荷量、中国の野菜の状況、アメリカをはじめとした諸外国の野菜の状況を毎月お届けいたします。

2020年01月

  • 国内の野菜
  • 中国の野菜
  • 諸外国の野菜

国内の野菜

ここ数年自然災害は場所を選ばす頻繁に襲い掛かってきました。昨年も度重なる大雨や台風により国内の農業に大きな影響を及ぼしました。これからの食品業界においてはこのような自然環境の変化を見据えた対応が必要になってくるのではないかと思います。

< 北 海 道 >

かぼちゃ
久し振りの豊作も人手不足の影響でその生産進捗はあまりよくないようです。したがいまして例年並みの出来高になりそうでここ数年の供給不足を改善出来るまでには至っていません。

< 関 東 >

ほうれん草
当初は台風の影響も心配されましたがその後順調に生育し秋冬物生産ピーク期を向かえています。生産は1月中旬まで続く予定です。

< 九 州 >

さといも
2年連続で作付面積が減少し約2割の減産となりました。特に小玉が少なく需要の
多い2Sサイズの原料が不足気味です。
ほうれん草
12月から生産が始まっています。本格生産は年明けからになります。生育は順調です。3月末まで続きます。
このページの先頭へ
  • 国内の野菜
  • 中国の野菜
  • 諸外国の野菜

中国の野菜

写真: 写真:

< 山東省 >

ごぼう
各工場は貯蔵原料にて生産を行っています。原料価格は先月に比べ上がっています。
にんじん
ごぼう同様貯蔵原料にて生産し原料価格も同様に上がっています。
さといも
収穫は12月上旬で終了しました。今期のさといもは作柄以外に日本の残留農薬基準
値改定の影響が大きく原料の確保が難しくなっています。その基準値に対応出来ている工場の価格はその分高値になっています。その為、新物より価格改定のお願いをさせていただいています。
ほうれん草(秋作)
12月上旬で終了しました。生育中の気温が高く虫穴が例年より多いようです。
ブロッコリー
10月初旬に収穫、生産開始、12月上旬に終了しました。9月下旬~11月まで気温が高く、作柄は良くない状況でした。約10%減産する見込みです。
カリフラワー
10月下旬に収穫、生産開始し、12月中旬に終了しました。9月下旬~11月まで気温が高く、約10%減産する見込みです。

< 浙江省・江蘇省 >

れんこん
収穫加工が中後期に入りました。栽培面積の減少で原料価格は引き続き高値で推
移しています。
水クワイ
収穫、生産は12月末で終了しました。
ブロッコリー
江蘇産の収穫及び生産は例年より2週間早く終了しました。高温と干ばつの影響で品質・数量とも良好とは言えず原料価格は例年より高くなっています。浙江産も収穫が始まりましたがまだ相場が高くほとんどが生鮮市場に流れています。本格生産は1月初旬になります。収穫のピークに旧正月休みがある為全体の数量に影響が出る可能性があります。
カリフラワー
江蘇産の収穫及び生産は終了しました生産量は例年並みでした。浙江産は生育順調で収穫が始まりました。栽培面積は去年より減っている為、価格は小幅な上昇になる見通しです。収穫加工開始は12月末又は1月の初めになる見込みです。
菜の花
順調に生育しています。収穫は2月中旬からになります。
きぬさや・スナップエンドウ
播種が終了しました。きぬさやの栽培面積は昨年より減少、スナップエンドウは例年並みの栽培面積です。今のところ共に生育は順調です。
このページの先頭へ
  • 国内の野菜
  • 中国の野菜
  • 諸外国の野菜

諸外国の野菜

写真:

エクアドル

ブロッコリー
順調に生育中です。通年栽培原料は安定して入荷しています。

ペルー

アスパラガス
アスパラガス:2月中旬より生産開始予定です。
このページの先頭へ
  • イズックス株式会社東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル15Ftel:03-5434-7061fax:03-5434-3215お問い合わせはこちら